育てたバラ

私の庭は東と南側にお隣のおうちがあって
朝日は屋根越しに
日中はお隣の壁で遮られて、
直射日光の照らない場所がほとんどです。
土は粘土質の塊がいっぱい〜
そんなところで育てています。


ミニバラ
PolyanthaRose
四季咲き小輪系
パティオローズ
Patio
Rose

イングリッシュ
ローズ

EnglishRos
オールドローズ
 OldRose 
つるバラ系
ClimbingRose

 
現代バラ
HybridTeaRose

四季咲き大輪系
ミニバラ    Polyantha Rose (四季咲き小輪系) 
シンデレラ

四季咲き 超ミニバラ
我が家で唯一の
スタンダード仕立て



グリーン.アイス

四季咲き性
無香
樹高20〜30p。

白から 透明感のある淡いグリーンへと、 咲き進むにつれて花色が変わ

枝がしなやかで
枝垂れて横張りする。



パティオローズ Patio Rose
マザーズ.ディ

四季咲き
微香
ディープカップ咲き



シュネー.プリンセス

Sneprinsesse

樹高 20センチ

四季咲き
微香
ディープカップ咲き
寒さが厳しくなるとピンクがかる

マザーズディと寄せ植えしています。

 




ムーラン
Mulan

パティオ
四季咲
房咲き・微香
花色/ラベンダーピンク
 花径/4〜5cm 半剣弁咲 
横張り性 樹高/0.7m 


花傷みが少ない優秀品種です



 イングリッシュローズ English Rose

グラハム・トーマス
Graham Thomas

シュラブ.
四季咲き
 C・L 2.5m〜3.5m 
 
純黄色. 大輪. 中香.
返り咲き.
(選定を控えめに)
張りがあり
よく伸びる直立気味の枝

ティー香り
耐寒性がある

 



L・D・ブレスウェイト

四季咲き

高いブッシュ状のシュラブ

オールドローズ香
明るいクリムズンのカップ咲き
 
花は雨にも強くとてもよく持ちます



クラウン・プリンセス・マルガリータ

Crown Princess Margareta

ツルバラ 2m
大輪 ロゼット咲き
アプリコット オレンジ
フルーツ香
大病性に優れている
丈の低いクライマーにもなる



 オールドローズ Old Rose
バレリーナ
Ballerina

 
返り咲き 強健
小輪    微香
 
樹 形   つる
伸 長   2m
樹 勢   非常に強い

花は平咲きで、日陰にも強く良く咲きます。
つる性と言って買ったのですが、横に広がる性質なので
フェンスや、壁などに這わせる方が誘引しやすいです。

ムタビリス
Mutabilis

チャイナ 四季咲き オレンジ〜赤 
中輪一重咲き 微香  90cm

日陰や北面でも栽培可能。
クライマーとして育てることができます。



グラス・アン・アーヘン
Gruss an Aachen
[FL R]
ドイツ/Geduldig/1909
四季咲き・芳香



モッコウバラ 白・黄

ローブリッター

オールドローズ
カップ咲。 小輪。 強健 一季咲き 半つる性 微香
グランドカバー・懸崖や低いフェンスに適しています。
半日陰でも育てることができます。独・Kordes・1936年。








ルイ14世
louisXIV

パーペチュアル・ローズ
四季咲き 中輪
 セミダブル咲き 
芳香強
濃黒紅色の花弁と黄金色の花芯がとても美しく丈夫な品種です。
枝は細く、良く分枝し、密な株立ちになります。
小ぶりな花は秋まで繰り返し開花します。



 つるバラ系 ClimbingRose



野イバラ (テリハノイバラ)
Rosa multiflora


日本の野バラの代表的な種。
沖縄以外の日本の各地の山野に自生する。
日当たりの良い場所に生育する。
花の直径は2センチ前後。
秋に赤い実が実り、民間薬として利用される。
薔薇の園芸品種に房咲き性をもたらした原種であり、
日本では接ぎ木の台木に使用される。


ロサ・エグランテリア
(葉っぱがリンゴの香り)

ロココ

タイプ:耐寒性落葉低木
植え付け適期:大苗は10月半ば〜3月頃、新苗は4〜6月頃
花色:やわらかい杏色
花形:半剣弁咲き
花弁数:20〜25枚
花径:11〜14cm
開花:返り咲き(春と、夏または秋に開花)
伸長:3m
樹形:ツル性
芳香:微香




ピエール・ドゥ・ロンサール
Pierre de Ronsard
(モダン・クライミングローズ)

現在ツルバラとしては、最も人気の高い品種です。
一季咲きですがオールドローズのような大輪のカップ咲き。






バター・スコッチ
Butterscotch

CL 樹高:1.5〜2m 
四季咲き
芳香の強さ:微香 半剣弁平咲き  花弁数:30枚花径:3〜4cm






ジャクリーヌ.デュプレ
Jacqueline du Pre

Shrub 四季咲き
 黒点病
半横張り性、枝は細くトゲが多い。

花つきがよく、早い時期から秋遅くまで繰り返しよく咲くが
花持ちはよくない。










クラウン・プリンセス・マルガリータ


ツルバラ 2m
大輪 ロゼット咲き
アプリコット オレンジ
フルーツ香
大病性に優れている
丈の低いクライマーにもなる





アンジェラ
Angela
しなやかで、放物線を描く枝
四季咲き
微香
中輪 カップ咲き
耐寒性
3m
とても花つきの良い品種


 




グロワール・ド・ディジョン
Gloire de Dijon

C・L 四季咲き
 アプリコットティーの香り
横ばり性









サマースノー
summer snow


四季咲き
 純白の房咲き
 多花性で棘なし



ニュー・ドーン
New Dawn
LCl
作出年, 1930年.
作出国, アメリカ.

返咲き。日陰に強い。
北向きの壁面や、1日の日照4時間以下の場所でも栽培できます。

花色:ピンク
花形:カップ咲き
花径:8cm
伸長:3〜4m
樹形:ツル性
芳香:微香



レオナルド・ダヴィンチ
Leonaardo da Vinci

■系統:F 
■作出:1993年 Meilland.A
フランス
■花:薄ローズ色/10cm/
クォーターロゼット咲き
■中香

■樹高:300cm
花期が長く雨に強い







スターリング・シルバー
Sterling Silver,Climbing 
系 統: ClHT

作出年1963年
作出国日本 
作出者 Hiroshi Miyawaki
花 色 灰色がかった藤紫色
大輪  強香  返り咲き
樹 形 つる
伸 長 4m〜5m



   現代バラ HybridTeaRose
ブルー.ムーン
Blue Moon

■系統:HT
■作出:1964年 Tantau ドイツ
■花:緋藤色/10cm/高芯咲
■強香
■四季咲き
■樹高:150cm/





青のレクイエム

花形:剣弁高芯咲き
花径:12cm
樹高:高さ80cm、枝張り40cm
開花期:四季咲き
芳香:微香
用途:鉢栽培 花壇 切花






グリーン.スリーブス

ホット・ココア
HOTCOCOA

ブッシュ型
四季咲き 中輪バラ 樹高:100〜150cm
花弁:25〜30枚
半剣弁高芯咲中輪
中香(まろやかなオールドローズ香)
花色は暖かい環境ではより明るく、寒い環境では濃くなります。
濃緑葉とのコントラストもたいへんすばらしい品種。
とても強健で、耐病性があり、さまざまな気候への適応性も高いです。
オールドローズ香があります

四季咲き
大輪
ティーの香り

そろそろ30年目に入ります。
我が家一番の長生き♪

東の庭



2011年5月



‘マルガリータ’ と  クレマチス‘ニオベ’



5月の庭です。(2008年)




ローブリッターが咲きました〜♪
こぼれるように咲いたのは、今年がはじめて。

南のパーゴラの下にあって生育が悪かったので鉢を入れ替えて

東側に持って来ました。
ここは朝から夕方まで日が当たる一等地です。
憧れのローブリッター
ようこそいらっしゃいました〜^-^*/"








うえから

‘ヤマボウシ’(白)

‘ブルー・エンジェル’   ‘ユーリ’(濃いブルー)

バラは ‘レオナルド・ダヴィンチ’








‘ムーラン’と‘バー・バスカム’ 

ブルーの花は ‘シノグロッサム’



‘ムーラン’は5センチくらいの小ぶりの花です。
雨にも強く、6月24日現在も返り咲きでまた沢山蕾を付けています。
雰囲気のある花です。








枯れたヤマモモの幹に絡ませた

‘サマー・スノー’

このこがどうしても夏になると葉っぱがみんな落ちてしまうんです。。。

今年もだめでした。。。





‘ファミー’

ポリアンサ・ローズ



南の庭



アンジェラの下にはバレリーナが咲きました。












リビングから見えるアンジェラとバレリーナ
朝夕、小鳥がさえずって爽やかです〜♪



野イバラのパーゴラの対側には
テッセンとニュードーンを絡ませました。




南側は、
いつも左右建物てものの影になって
朝日も当りにくい、終日反日かげ状態です。
(これは西を正面にしています)

隣の二階から視界を遮るように〜窓から緑に囲まれて見えるように
薔薇のアーチとパーゴラ、
最初に植えたキーウィーの棚があります。

日陰に強いものばかり選んで植えています。



アンジェラの下にはバレリーナがあります。
樹形を理解しないで植えたので
バレリーナはちょっと可哀想です。

アンジェラとバレリーナを植えつけるときには、
前回の植え付けで失敗したので、
穴を70センチ掘り下げました。
粘土層だったので固くて重い土を取って
一番底に炭
バークたい肥と、ピートモス、赤球、牛フンを入れました。

結果はどちらもとても生育が良いです。

薔薇の横にあった花水木までも元気になりました。
(水はけが良くなったからか
薔薇の肥料のおすそ分けなのか)


2009年5月 ‘ニュードーン’ のパーゴラです。










‘ブルー・ランブラー’

日影で咲かせると花色が綺麗に出る。

と聞いてニュー・ドーンのパーゴラの対角に植えました。





ピエール・ドロンサール、グリーンスリーブス、ホットココア

“ピエールは、2年目なのに丈が伸びない??”
ある本で分かりました!
《 つるバラの誘因は伸ばしたい長さまでは縦に〜
十分な長さに成長してから水平に誘引する!
私は水平に誘引して伸ばそうとしていたのです〜T_T; 》




パーゴラの野イバラ



とても良く育って、ニュードーンと一緒に育てられなくなって処分しました。

(移植しようとしたのですが、失敗しました。)

移植の時悩んだのですが、このままでも綺麗だったな〜と思います。







パーゴラのもう一方に“バタースコッチ”

今回はしっかり鉢穴を掘ったので生育良好〜♪

となりに植えたクレマチスとの境には
40センチ角の板を入れて境界線を作りました〜♪




今は毎日夕方から日没まで
草挽きや夏草への入れ替えでず〜っと庭にいます。
そろそろ蚊が出てきました。
毛虫もいっぱい!!
トカゲには驚かなくなりました。
かえるちゃんともお友達になりました。
土を掘り返すと少し前までは
ジョウビタキが飛んで来ましたが
もう渡ってしまったのかしら、
どこへ帰ったんでしょう〜

夕暮れのホトトギスの声が。。。。






バラを始める前はこんな庭でした。

殺風景だと思っていたけれど???