夏に咲いた花











ポーチュラカ























センニンソウ












エキナセア













サッコウフジ







ヤマホロシ





8月の花はユリと云うので色々植えましたが、花が大きすぎて手に負えませんでした。。















ユウギリソウ
3年頑張りましたが、花屋さんで買ってきたとき↑のようには出来ませんでした。↓






カラミンサ・白と青のユーパトリューム



シャラの花





















ハニーサックル



スイカズラと云うだけあって、お水大好き

切らさないようにたっぷりあげましょう。

春から晩秋まで咲きます。

良く咲く花はやっぱり肥料もたくさんいるみたいです。

肥料切れに注意〜♪

甘い香りがたちこめます。





宿根ロベリア

夏中ず〜っと咲かせるのは無理??

涼しくなったら復活します。












日々草とダイヤモンドフロスト

ダイヤモンドフロストは暑さに強いです。

でも今年 ウォール・バスケットに入れたのはン最初だけで、今は葉っぱばっかり??

(インパチェンスの真ん中から真っすぐヒョロヒョロと上に伸びています。)





↑ てっぺんにWのインパチェンスとダイヤモンドフロスト (花が咲かない)

↓ 春にはこんなに咲いてたのにね〜。。

やっぱり肥料入れないとダメかな。。暑いしね。。。






ダイヤモンドフロスト



















ビンカ (ニチニチソウ)




モントプレチア




ルリマツリ(プルンバーゴ)

このブルーが好きです。

友人の庭でふさふさと揺れているのを見て、私のお庭にもこの景色を〜♪

でもちょっと当てが外れました。。

剪定難しい^^;

マメに花柄摘みだけでもしようか





この向こうにブルーセージ 

あったのよね〜。大事に育てていました。 大株になって。。

剪定ばっかりしていたら無くなってしまいました。。

また植える??  止めておく。。 

好きなんだけど、この花は大きくゆったりしたところで咲いているのが好き。

のびのびと咲かせてあげたい。

結局私の手に負えなくなったのであります。










ラムズ・イヤー

ポイントに使います。 (ちょっとこなせてないです。。)

ふわふわのうぶげが触って気持ち良いです♪

挿し芽で増やせます。 水は(雨水のみ)なくても枯れないようです。

ドライフラワーを作ろうと沢山植えましたが、

吊るして置くだけでは、奈良は湿気が多いので綺麗にできませんでした。

シリカゲルなどで乾燥させて作るとよいそうです。

沙良はそんな面倒なことはしません〜^^;

kantan ga itiban さ〜♪









カクトラノオ

晩夏から初秋に咲きます。

茎がジャリジャリ、とげとげしていて、あまり好きではありません。

でも、お花だけみると ‘きれいね〜♪’

あまり好きでないと、ついおろそかになってしまって。。

花は肥料が足りないのかたっぷり付いていません。

ほんとはもっと‘虎の尾’のようにせめて10センチくらいの房状に咲くのが普通です。




丈夫です。  地下茎でよく増えます。







キキョウ (ピンク)

8月の終わりから初秋に咲きます。

リンドウは難しいけれどキキョウは忘れていても翌年また咲きます。

市販の切り花のような高さにはなりません。(20センチ高くらい)

半日影でも咲きます。







チョウジソウ




チェリーセージ

赤い花が一年中咲きます。

赤い花がいっぱいって云うのはあまり好きじゃない。。

やっぱりブルーが好き。

なのでいつ処分しようかと迷っています。

でも、この花を見ているとなんだか元気になります。 なのでまだず〜っとあります。

ブルーの他のにしたいんだけど〜何を植えようか

朝日が当るのでバラを植えるのですが、

いつも失敗します。

なんでやろう。。









ヤブラン

今頃になってHITの花です。

斑入りや黒い葉が主役だと思っていたけれど、 このお花が美しい♪

肥料を切らさないで、それと日当たりが良い場所では紫の花がいっぱい咲きます。

家の庭ではむりだけど、もう一か所花を作っているところがあって、

そこではセダムの黄緑色と合わせてとても奇麗になりました。

お水もいらないし手入れが楽で広い庭の縁どりに最適です。




セダム

マンネングサと云うそうです。 いろいろ種類があります。

ツル状に伸びます。 伸びたところを手でちぎって挿したり

植えたいところにちぎったセダムを撒いておくだけで根付きます。

水やりしなくても大丈夫ですが、湿った所の方が葉が綺麗で早く大きくなります。













↓ セダムとハツユキカズラ、ワイヤープランツを挿したバスケットです。

日が当らないところなので、ハツユキカズラはピンク色になりません。。















ハツユキカズラを白とピンクばかりにするには

新芽に水と太陽をたっぷり与えることかな。





ピンクの玉すだれとよく合います。 植えっぱなしで大丈夫なので花壇の縁どりによいと思います。





Wのベゴニア












ゼラニューム





















「お花が良いのよ〜  葉っぱはど〜もね」

なんて思っていましたが、暑い夏の庭、なかなか花ざかりにするのは無理のようです。

って云うか、私は夏の庭が苦手のようですT_T;

いつも他所の花壇を見ては

「夏でもいっぱい咲いてるよ」

「でも、黄色とか赤ばっかりっていうのがど〜も。。。」


好きな花と、植えて咲かせられる花は違うのよね・・・

イソトマ とか、さわさわ咲かせたいのに失敗ばかりします。


大きく伸びる花はわが家の狭い庭には茫々となるのでパスしたい。

ため息です。

ユーホルビア・スワン  コリウス

綺麗だよね〜、上手に育てられなかったわ。。。












これって8月なのになぜかシクラメン咲いてるね〜


シクラメンの夏越しもがんばってました。

暑さに蒸れるので必ず球根に水がかからないようにそ〜っと細口のじょうろで水遣りします。






ナツユキカズラ

真夏に雪が積もったように真っ白に咲いています。

花柄がポロポロ落ちるので、お隣との境界に植えるのはよくないです。

柔らかなツルなのに強健で、ぐんぐんのびます。







↑でもここは、“ピエール・ド・ロンサール”を這わせたいのよね。。。

ピエール君の葉っぱは今年も虫に食われてボロボロですが。

他所のおうちのバラは夏でも葉っぱが綺麗だわ〜

考えてみると、私って草引きや剪定ばっかりしてる。

バラはもっと補殺や消毒をしないといけないのかな。。。

小鳥はチュンチュンたくさん来てくれるんだけど。

(最初のころ主人が殺虫剤撒いた後、メジロの子供が2羽死んでしまったんですよ。ショックでした。)

やっぱり、もう少しオーガニックで行きます。

そうそうこの前イタリアに行ったんです。どこのお庭も畑もオーガニックでした。

畑に入っても、薬の臭いはしないし、小鳥がチュンチュン鳴いていました。

嬉しくなりました。







ホクシャ

花かんざしのような、造花のような花。

バラクラで初めて見たときにはびっくりしました。

「こんなお花があったんだ〜」

未だにあんなふうにこんもりと、たわわには育てられません。

枝は暴れるし、暑さや乾燥には弱いようです。

それでも猛暑の中咲いていますよ〜

↑ これは暑くなる前の花です。

今は葉っぱも花もちりちりしているようです。




デュランタ 宝塚



スタンダード仕立てにできるというので試してみると失敗しました。

樹形は暴れるのでまとめにくいです。

葉色がきれいなので、またどこかに植えようと思っています。

もちろん、このお花があきらめきれないのがホントの気持ち♪




クローバー



可愛いからグランドカバーにしようと植えますが、

雑草と区別がつかなくなって地植えは諦めました。

10年経っても区別できない。 雑草みたいに変わってしまうのか?(泣)

小さなポット植えにしました。






テイカカズラ

初夏

思えば、劣悪な環境

そこでこれだけ育ってくれるのでとてもお気に入り♪

日が当るのは、朝の2〜3時間かな

良く頑張ってくれてありがとう♪

大好きなお水をたっぷりあげましょう〜

秋には葉っぱが真っ赤になります。







サンレモ・クイーン



花径は3センチくらい

暴れます。 大きくなります。一年中咲きます。

と云うわけで、鉢にあげたら、上手に咲かせられません。

やっぱり背が高くなる2メートルくらいになるよ〜 

せめて1.2メートルくらいまでにしようと努力していますが。。。

コンパクトに一杯咲かせるのって難しい。。

でも可愛いのよね〜真夏も咲きます。





アイビー (白雪姫)

白い斑入りは日光に当たらないと白がしっかり出ません。

でもでも、真夏の直射日光ガンガン当たるのは嫌いです。

明るい半日影で、根っこが蒸れないように気をつけてね。



晩夏


















ユーパトリューム

爽やかなこのブルー

良く増えます。でも抜きやすい。移植に耐えれる。 だから好き〜♪



カラミンサカタバミ









ダイヤモンドフロストカタバミ


























ヒャクニチソウ







チェリーセージ・ マリーゴールド・ヒャクニチソウ・カラミンサ